カメラ小僧の日常と冒険記

先日、一眼レフカメラを購入して、
その魅力にどハマりしました。
自分の作品をアップしていきたいと思います。
一人旅は、孤独だけどたまには一人の時間も大切だなあと感じさせられました。
目に見て、感じたものを下手くそな文章ですが、綴っていきたいと思います^^

鍾乳洞に行ってまいりました!

お久しぶりの更新です('◇')ゞ
ぷりたけつおです^^
先週の水曜日に、平尾台にある

千仏鍾乳洞

に行って参りました( *´艸`)


ネットの口コミを見てすごく興味をそそられ、行ってみることにしました。


道中はこんな感じで、とりあえず離合がぎりぎりできるのか・・・?ってぐらいの狭い道でした><

ただカルスト台地の眺めには感激しました(*´ω`*)☆

なかなか雰囲気のある看板が駐車場にありました|д゚)

冒険心をくすぐられる錆具合でしたw

この看板から暫く急な坂道(棒を使って降りている方もいらっしゃいました)を進んでいくと、入洞受付がありました。

入洞料は800円。

ぼちぼちしますw


意外と若い方で溢れていて、ぷりたより年下の方もたくさんいました。

そんなワーキャー若者が言ってる中、僕はカメラをそっと取り出し、

ダンジョンへの入り口を撮影。

うーん!わくわくすっぞ!!!

いざ!!探検のはじまりじゃあああ!!( `ー´)ノ


洞窟内はこんな感じで、勉強不足の僕はこれが何の石かもわからぬまま、ただ、若い女性二人組の後ろをついていきました。(ストーカーじゃありません)



道はどんどん狭くなっていき、天井からは水滴がぽったぽた落ちてくるようになりました。

前を歩く二人組はあい変わらずわ~~わ~~~っと奇声を発していましたw

途中で一家のお父さんがそびえたっていました・・・。

入洞するときにサンダルに皆サンダルに履き替えていたので、嫌な予感がしたのですが、

さらに奥へ進むと、なんと・・・陸地がないww

ぷりたは、最初から短パンとサンダルできていたので問題なかったのですが、

ロングスカートを履いてきていた女性は、ここらで引き返していましたw



ぷりた目線ですw

完全に、もう足がびしょぬれになっています><

そしてこの時期に反して、相当水が冷たいw

足が麻痺してきました('Д')



ひたすらじゃぶじゃぶ言わせながら奥へ奥へと進んでいきます・・・・



なんて読むのかわからない乳がありましたが、ただ邪魔でしたw

これを避けてさらに奥へ進みます・・・



途中名前の付いた岩が何個かありましたが、足の寒さで見向きもしませんでした><w

そうして、ここから先は膝下ぐらいまで、水に浸かり、歩くので精いっぱいだったため、撮影ができませんでした><

地獄トンネルという場所があり、そこは確実にカメラを殺せるほど水に漬からなければ通ることができない為、断念しました・・・。


この蒸し暑い時期にとても涼しい体験をすることができました。

一人で行くのは寂しかったですが、

また晴天の日に、同じ平尾台にある、牡鹿鍾乳洞に行ってみたいと思います^^

こちらは、濡れないで良さそうなので(*´ω`*)w


















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。