カメラ小僧の日常と冒険記

先日、一眼レフカメラを購入して、
その魅力にどハマりしました。
自分の作品をアップしていきたいと思います。
一人旅は、孤独だけどたまには一人の時間も大切だなあと感じさせられました。
目に見て、感じたものを下手くそな文章ですが、綴っていきたいと思います^^

柳川市に行って参りました!!


こんばんわ、ぷりたけつおです!


久々にドライブに行って参りました(^^♪
今回は一人旅ではなく友達と三人でワイワイやってきました^^


本当はぷりたは熊本の生駒高原に咲いてあるであろう、コスモスを観に行きたかったのですが、友達が花に興味がないらしく、川下りがしたいーと言い出したので、柳川に連れていくことにしました。


山道をクネクネと進んだ先に柳川市はありました。
完全に勉強不足で、うなぎの町としか知らなかった為、着いて最初の一言が、
「なんか風情のある町やなー。」でした。
そしてぷりたの想像していた川下りは渓流をカヌーとかで下るラフティングなのかなーっと世間知らず甚だしいものでしたが、実際の川下りは柳川の歴史を知れる素晴らしいものでした。


詩人・北原白秋の詩を、低い橋をくぐる都度船頭さんがビブラートを効かせた美声で読み上げてくれるという特典付きです(笑)



これはあまり屈まないでもいい橋だったんですが、低いやつは結構腰を曲げないと頭を持ってかれそうでした(笑)
途中で、すごく哀愁のただよう像を発見して激写しました。


待ちぼうけというタイトルがあるらしくて、船頭さんは詩を詠んでくれていたのですが、ぷりたはそのあまりにも悲壮感が漂う表情に、捨て子やな。あれっとつぶやいていました。

ミドリガメが甲羅干しをしていました。ちなみにこの亀、船上の客が手を振ると振り返してくれましたなんてイイ子なの。


夜に乗ると、この照明が点灯するのかなあ。
至る所に藤が植えられていたのですが、時期ではなく、ただただ緑でした。
今度は開花時期に訪れたいなあ~。


下り終着点からの風景です。
他にもいろいろ写真を収めたのですが、他のお客様の顔が写っていたりで、upできなくて残念です><


そして柳川と言えば(どっちかというとぷりたはこっちが楽しみだった)


うなぎ!!!!!


ですよね!!
行って参りました、ウナギを食べに!!
今回ぷりた一行は、若松屋というお店に行きました。
すごくお上品なお店で、気が引けましたが中へ。
そしてうなぎのせいろ蒸しを頼んで、少し待つと。

身がほっくほくで美味しかった~~~
しかし、ぷりたの家の近所にも美味しいうなぎ屋があり、味は大差なかった気がする(スミマセン)
ただ雰囲気はすごくよかったです。次回寄る機会があれば、素焼きをご馳走になりたいです。


今回の旅はこれにて終了~~~w
次はコスモスでも見に行きたいです^^




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。